​インターンDX宣言ほくりく

​賛同企業募集中!

ここ数年、就活生のインターンシップ参加率は

8割を超えている。*1


学生にとって重要な仕事体験の機会。
一方で、企業にとってもインターンシップは
採用活動に欠かせないものになってきた。
 
そんな中、「新型コロナウイルス」がやってきた。 
学生は登校せず部屋から授業をうけるようになり、
授業でのインターンシップは中止になった。

大学からは

対面は中止の可能性もあるが、
オンラインインターンシップであれば
実施してもよいとの方針が発表された。
 
地域企業は、個別企業説明会や採用面接で、
なんとかオンラインも使いはじめている。

でも、インターンシップはとりあえず、様子見。
オンラインじゃムリだよね…と。

僕らのところには、学生から、今日も、

「オンラインのインターンシップはありませんか?」*2

と相談がきている。

*1 参考:株式会社ディスコ「インターンシップに関する調査」(2019 年 4 月発行)

*2 「オンラインのインターンシップがあれば参加したい」という希望が8割を超える。

参考:株式会社学情「2022年卒学生の就職意識調査(ニューノーマル時代のインターンシップ) 2020年6月版」

​インターンDX宣言ほくりく

賛同企業募集中

​ 宣言の目的 

北陸企業のインターンシップオンライン化を促進させ、Withコロナ時代における学生の選択肢を増やす。そのムーブメントをおこすために賛同企業を集いPRする。


DXとは、デジタルトランスフォーメーションの略称であり、ITの活用を通じて変革することをいう。

​ 宣言の方法 

宣言の趣旨に賛同する企業を集め、そのロゴ一覧が掲載された宣言のWebページをつくる。(8月予定)


その上で、メディアなどに取り上げてもらえるようにプレスリリースなどを行い、広く周知を行う。
 

賛同企業各社でSNSなどにて拡散を行い、まわりの企業や学生に、北陸でも インターンシップのオンライン化を進めている企業があるということを知ってもらう。
 

北陸全土の賛同企業で力をあわせて盛り上げることを目指しているため、宣言の賛同に対しては費用の徴収などは行わない。

​ 対 象 

北陸の企業で、インターンシップを全てもしくは一部、オンライン化している、しようとしている企業などの組織。


また、直接の受け入れは行わないが宣言の趣旨に賛同する組織。


ただし、オンラインはあくまでツールであり、 教育的にも価値の高いインターンシップ設計を目指す組織を募集する。

 発 案 者 

​北陸の人事部オンラインコミュニティ「HRラボほくりく」。

2020年度から、実験的に試験運用を開始し、今後はオンラインインターンシップの設計講座や意見交換会、合説など仕掛ける予定。

​ 賛同の方法 

2020年8月10日までに、下記の賛同企業登録より登録をお願いします。

賛同企業一覧

ロゴ1.png
ロゴマーク(英).png
all_rgb_5.jpg
無題.png
tokinoen_illustration2.jpg
ロゴ_オレンジ_余白多め.png
SECONDイラスト.jpg
Original on Transparent.png
ogura logo.jpg
【三谷産業】ロゴマーク(コーポレート+三谷産業株式会社)カラー_A4対応.jpg
北陸をもっと元気にロゴ.GIF
%E9%AB%98%E6%A1%91%E7%BE%8E%E8%A1%93%E5%
logo.png
NT-LOGO緑大.jpg
スクリーンショット 2020-05-19 21.41.22.png

​主催団体:HRラボほくりく